読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものをちょっと真面目に考えてみる

持ち前の好奇心でいろんなものに興味を持ち、いろいろ調べて考え、そしてすぐに飽きます。このブログはそんな私の雑記帳みたいなものです。

なんだか絵を描きたくなる映画:「人生はビギナーズ」

映画

最近は幼稚園生の落書きみたいな絵でも、

「味がある」「雰囲気がある」

とおしゃれな絵と認識されてしまうのがトレンドです。

まあそれを言ったらジャクソン・ポロックのあのペンキぶちまけた絵(?)だって、

怒り狂った小学生が絵の具と画用紙に八つ当たりしただけに見えるけども。

「プリミティブ(原始的)」、「素朴」、「アジ」、なんて使い勝手のいい言葉でしょうか。

ユアンマクレガーがイラストレーターに

最近見た映画でなんだか気に入ってしまったのは、そんなアジのある絵を描くイラストレーターが主人公の話。

f:id:spiberman:20160926230113j:plain

こんなのとか、

f:id:spiberman:20160926230130j:plain

こんなの。

 いわゆる「ヘタウマ」ってやつです。

でもなんかかわいいですね。

ポートランド的お洒落感

このイラストの感じからもわかるように、「人生はビギナーズ(原題:Begginers)」はセンスのいいシーンに溢れた映画でした。

ウェス・アンダーソンの映画みたいに派手な色使いが目を引くわけでもないし、

プラダを着た悪魔」みたいにスタイリッシュなキャラクターがぞろぞろ出てくるわけでもないんだけど、お洒落なのです。

 

代わりに、

シンプルな白の壁に1枚だけ掛けられた絵、

ハロウィンにジークムント・フロイトの仮装をする主人公、

ずっしりとした書物が詰め込まれた本棚。

ああ、この画の感じはKINFOLK的お洒落感

f:id:spiberman:20160926234111j:plain

 

アメリカのお洒落タウン・ポートランドで生まれたお洒落雑誌KINFOLK。

真っ白なリネンシーツが広げられたベッドに、カバーが素敵な本を置いてみる。

イエス、KINFOLK。

真っ白な壁の一角に、小さな広葉樹の鉢植えを置いてみる。

イエス、KINFOLK。

オートミールとドライフルーツのボウル、横には白いマグに入ったコーヒー。

イエス、KINFOLK。

伝わったでしょうか、このKINFOLK的世界観。

日本でいうならば、無印良品的世界観にも近いかもしれないです。

f:id:spiberman:20160926232424j:plain

(別にKINFOLKをディスっているわけではないです。)

きっとこの映画のセンスが好きな人って多いと思うので、

KINFOLK系が好きな人はぜひ画を楽しんでみてください。

気になるストーリーは...?

f:id:spiberman:20160926233042j:plain

父親がゲイで恋人はフランス人のかわいい娘で時々犬と会話するイラストレーターには、心のトラウマがありました。

という話です。

全く意味わからないですよね、見たくなりましたか?

ぜひ、見てくださいね。

 

アレクサンドラ・セイヴィアーって知っとる?

おすすめの曲

人間、想像したり夢見るのは簡単だけど、

成功してる人間はそれを素早く実行に移してるもんなんすよね。

ちゃんとこのブログを更新したい、

ただただ反省している、

やっと社会人生活に慣れてきた、

文章をくどくする癖がある、

ライターのnikiです。

手短に最近のお気に入りシンガーを紹介

f:id:spiberman:20160922234427p:plain

LAを拠点に活動する21歳シンガーソングライターのAlexandra Savior(アレクサンドラ・セイヴィアー)

Arctic Monkeysのヴォーカル、Alex Turnerがプロデュースしている期待の新人です!

以前このブログにて「おフェロ女子」として紹介しました!

彼女のセカンドシングルが発売されたので、聴いてください!どん!

youtu.be

これはアクモンファンとしてはたまらないです。

アクモンのアルバム「AM」とも似通った雰囲気の曲調で、

きっとアレックス兄さんが歌っても様になるんだろうけど。

でもアレクサンドラのセクシーでアンニュイな声色と、ベースを響かせたバンドパートがめちゃくちゃ魅惑的に響いていて鳥肌もんです。

あれ、この雰囲気、誰かに似てねえ?

f:id:spiberman:20160922235539p:plain

私、アレクサンドラちゃんとっても好きなんです。

彼女の曲も、彼女のスタイルも。

古着っぽい花柄のワンピースや、黒のセーターに柄のスカートを合わせたりして、

レトロなスタイルをさらっと着こなしちゃう彼女が大好き。

こういうスタイルって、一歩間違うと埃かぶった和ダンスくらい重くダサくなりがち

メイクや小物も含めて「レトロな雰囲気」を日頃から作る努力をしないと似合わないものなんです。

ダンスもそうでしょ、日頃からマメに埃をはらって磨いて、それで味が出るってもんでしょ。

古着スタイルをモノにしている女の子は、絶対にファッションが好きで、常日頃から自分のスタイルと向き合ってる子です。

ファッションアイコンのAlexa Chung(アレクサ・チャン)だって、そんな古着スタイルが似合う一人。

f:id:spiberman:20160922235946p:plain

ほらね。

ちなみに、レックス兄さんの元カノです。

こう見ると、アレクサ・チャンとアレクサンドラちゃん、なんだか似てますね。

...兄貴、女性のタイプはブレないっすね!

 

まあそんな事情があったのかどうかはわかりませんが、とにかく曲もスタイルもとっても素敵なアレクサンドラちゃんの紹介でした。 

 

blog.nogravitymag.net

 

Era Istrefi

レゲエ アーティストプロフィール

Era Istrefi

1994年7月4日パレスチナ生まれ。
2013年にリリースしたデビュー曲"Mani për money"がアルバニアコソボ共和国でヒット。その後発売した"A po don" と"E dehun"も高評価を得た。
2015年には"Njo si ti" のyoutube再生回数が1週間たらずで100万を超え、さらにコソボのラッパーLedri Vulaとフューチャーした "Shumë pis"が夏ソングとしてヒットを飛ばした。

2015年12月にリリースした"Bonbon"が世界的に注目され、アメリカのミュージックレーベルSONYとUltra musicと契約を結ぶこととなった。

まだ幼さが残るデビュー当時のEraちゃん

Eraのお母さんSuzana Tahirsylajも歌手でした。しかし夫(Eraのお父さん)を亡くしてからは歌手を辞め、ジャーナリストとして活動しているみたい。代わりにEraより6つ年上のお姉ちゃんNora Istrefiが歌手デビュー。結構イケイケのポップシンガーです。

f:id:spiberman:20160730224329j:plain

めちゃくちゃ気が強そうなお姉さま。

 

 

Eraちゃんはエキゾチックな曲風と、ハスキーでパワフルな歌声からSiaやRihannaとたびたび比較されます。レゲエテイストの曲は、確かにRihannaっぽく聞こえる、うん。

  

私が好きなのはLedri Vulaとフューチャーした "Shumë pis"!

デビューから次第に身体がムチムチに、髪型はドレッドに、格好がきわどくセクシーになってきてるEraちゃんを見るのが楽しいです。

 

Era Istrefiって知っとる?:魅惑のbonbon girl

おすすめの曲

Apple Musicのラジオをよく聴く方っています?

私はよく「pop hits」と「洋楽ヒットチャート」を流しながら作業しています。

ただ、毎日聴いてると気づくのですが、1ループが意外と短いんですよね。

この曲さっきも流れたわ〜ってなることが多いです。

やたらリズミカルでやたら頭に残るセクシーな曲

さて、Apple Musicラジオリスナーの皆様にお聞きしたいのですが、最近よくこの曲流れてません?笑

youtu.be

「バンスビバンバン」とかダンダンとか、やたら語感がいい歌詞だなと思って最初は聴いていたのですが、

 

「あれ?これ何語だ?」

 

と英語以外の言語で歌われていることに気づきました。

スペイン語でもフランス語でもないし、ドイツ語やロシア語とも違う。

もうこの時点で気になって作業中断、すぐにアーティストを検索しました。

 

結論からいうと、これはアルバニア語です。

ア ル バ 二 ア 語 !

通りで全く検討がつかなかったわけだ。

 

そしてこのBonbonを歌うのは、アルバニアのアーティストEra Istrefi

若干22歳のセクシーガールです。

第2のRihannaにもなりうるEraちゃん

http://data.whicdn.com/images/178629568/large.jpg

Bonbonが世界的にヒットし、アメリカのsonyと契約して全米デビューも果たしたEraちゃん。

レゲエテイストの曲の上、「声がリアーナに似てる」というコメントも多く、

筆者は勝手に「第2のRihannaが上陸したな

とこれからの活躍を期待しています。

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/12/13/a5/1213a56a04937aaed0b19956741e2e0c.jpg

ていうかこの子、そもそもデビュー曲からレゲエテイストなんですよね。

髪型もがっつりドレッド

 

お人形みたいに麗しい顔だけど、日本男児、こういう攻めてる娘ニガテな人多いやろ。

 

彼女のルックスやファッションスタイルは原宿系女子に大ウケしそうなので、

日本では男の子より女の子に支持されそうな気がします。

 

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/45/b7/0f/45b70f32ecc08487ebe17a308b088a27.jpg

Bonbon聴くなら、断然アルメニア語Ver.をすすめます

世界的ヒットを飛ばしたBonbonは、英語ver.も配信されています。

ですが!私としては断然原曲のアルメニア語ver.をオススメします!

 

なんていったって、言葉の語感が良すぎる

レゲエのリズムに、舌を転がす発音が多いアルメニア語の響きがマッチしすぎている。

この語感の良さ、クセになる。

 

これからダウンロードする人は、ぜひとも原曲の方を落としてください。

視る暴力、視られるフェティシズム:フロイドの絵

アート イギリス

いつか絵のモデルをやってみたいと思ってるライターのnikiです。

長時間動かずただじっとしている、しかしずーっと画家に見られているなんて、

なんだかアブノーマルなシチュエーション...。

かなり興味をそそられます。

12 Rooms 12 Artists展

http://www.museum-cafe.com/images/event/38999.jpg

先日、東京ステーションギャラリーで開催中の「12 Rooms 12 Artist」という展示をみに行きました。

会場は決して大きくはないのですが、絵があり写真があり彫刻があり、バランスのいい展示でした。

今回の展示の目玉は、約30点ほど出展されたルシアン・フロイド(Lucian Freudの絵。

彼のおじいちゃんはあの、

名前を知ってるだけでちょっとインテリぶれちゃうあの、

人文学系を専攻している学生は一度は授業で耳にしたことがあるあの(くどい)、

ジークムント・フロイト(Sigmund Freudです。

精神分析というものを始めた人ですね。

家族の顔を、すみずみまでなぞる

http://www.thetimes.co.uk/tto/multimedia/archive/00261/102119731_Freud_04_261847b.jpg

調べた情報によると、ルシアン・フロイドは近親者をモデルにして絵を描くことが多かったそうです。

彼の絵には母親や兄弟がひんぱんに登場します。(上の絵はお母さんの肖像画です。)

 

不思議に思いました。

 

一体どんな気持ちで描いていたのでしょう。

 

だって、家族の絵を描く行為って、家族の全身をすみずみまで撫で回す行為に近いと思うんです。

お母さんの顔を髪の毛1本から首元に刻まれた皺まで、ゆっくりと指でなぞっていく。

それも、何時間も、何日もかけて。

 

モデルの姿を絵で表象するということは、体全体・顔全体の細部までをなぞるように観察することと一緒。

 

想像してみると、私にとっては奇妙なことに感じます。

だって今までそんなにまじまじと何時間も家族の顔や姿を経験はありませんから。

画家とモデルと、その間の視線

こんな風に考えると、画家が被写体に投げかける視線って異質なものです。

単に「見て」いるのではなく、「視て」いるわけです。

「描きたい」と思うインスピレーションは、「知りたい」という知的好奇心と同じかもしれません。

被写体の全てを知ろう、その内面にすら迫ろうという視線は、モデルに深く切り込み、覆いを剥がそうとする力も含みます。

 

それは時に暴力的です。

そんな画家の視線に晒されているモデルは何を感じるのでしょうか。

 

私が経験したいのはこの「視線の暴力」です。

私個人のマゾスティックな欲望ですね!

きっと同じ欲望を持ったHENTAIが露出狂とかになってしまうんでしょうね。

 

「視線の暴力」

「侵略的な知的好奇心」

「視線に晒されたい欲望」

芸術の根本って、めちゃくちゃエロティックな欲望かもしれません。

視線の哲学に興味ある方、人文系学科においでませ

http://book.asahi.com/clip/images/TKY201105230104.jpg

そして世の中には、この不思議な視線の存在を学術的に研究している人たちがいるのです。

大御所ミシェル・フーコーから始まり、いわゆる「視覚論」を学ぶ人たちは結構いますよ。

少し興味を持てた人は、フーコーの『監獄の誕生』でググってみてください。

フーコー パノプティコン」と検索してもいいです。

視線と視られる対象の関係、「見る」ことは暴力的な行為、ということはどういうことは、わかりやすく解説してくれているサイトはたくさんあります。

それを読んでさらに気になったら、フーコーの本を読んでください。

そしてさらに気になったら、人文学系の大学や大学院で学んでください。

 

何を隠そう、私自身も人文学科出身です。

 

「文系ってクソじゃね?」論に押しつぶされそうな文系学部ですが、やってることって結構面白いんですよ...。

 

サブカル系男子はアンニュイな女が好きなんでしょ?

おすすめの曲 イギリス

約1年ぶりに髪を切りに行きました。

最後に行ったヘアサロンは自宅近くの1000円カットです。

1年ものブランクがあるのにもかかわらず、命知らずな私はGINZAのお洒落なサロンを予約。

結果、愛用のシャンプーはメリット、いい歳の女子のくせにヘアアイロンの使い方を知らないという徹底した女子力のなさを露呈することとなり、ただいま反省モードに入っております。

 

「わかりますよ、飲み会とか重なったり、服とか買っちゃうと、いいシャンプー買うの我慢したりしちゃいますよね ^^;」

 

お兄さん優しすぎです、もう逆に叱ってくれたほうが気がラクっす。

家に帰って早速Amazonで32mmのコテ買いました。

さあこれで今週から私もおフェロ女子ね☆

 

シャギーカットに色白赤紅、レトロなワンピースからのぞくほっそり美脚

f:id:spiberman:20160718230741j:plain

最近覚えた「おフェロ女子」と言葉をただ多用したいだけで、実際の定義をよく知りませんが、フェロモン感じる女性像というのは私の中にもあります。

「フェロモン」とか言われると唇プルンプルンでぱいおつかいでーのお姉ちゃんを想像する人も多いのかと思いますが、私の中のおフェロ女子は違います。

 

マッチ棒のごとくほっそりした身体、色白で唇は赤く、目が虚ろで気だるげで、背中まで伸びる髪は光が透けるような栗色です。

着ている服はレトロなブラウスやワンピース、アクセサリーはほとんどつけず、持っているバッグも小ぶり。

肌を露出しているわけでもないし、男に媚びを売るわけでもないのに、なぜだかセクシャルな香りを漂わせるミステリアスウーマン

 

f:id:spiberman:20160718231132j:plain

たまんねえっす。

この写真のおフェロ姉さんはステイシー・マーティンStacy Martin)というフランスの女優さん。

映画「ニンフォマニアック」の主人公と言ったらハッとする人も多いんじゃないでしょうか。

アクモンのアレックス兄さんのお気に入り、新しいおフェロガール

こんな女性を私は「おフェロ」と呼びたいのです。

「おフェロ」とは「アンニュイ」。

本人が知らぬ間に漏れ出ている女の香りに魅力を感じます...!

そして最近、Arctic Monkeysのアレックス・ターナーと共にステージに立った新おフェロガールを見つけました。

f:id:spiberman:20160718231736p:plain

アレクサンドラ・セイヴィアー(Alexandra Savior)発音は合っているのか?

youtu.be

なにこのそそられる歌い方!

ちなみに彼女の隣でギター弾いてるのはアレックス兄さんです。

 これで若干21歳というから、どんな育ち方してるんだって話ですよ。

f:id:spiberman:20160718233000p:plain

妖しげな照明が似合います。そのポージングをものにしてしまうなんて罪な女の子です。

まだまだ出始めでMVや関連動画も少ないですが、これから大活躍するおフェロガールだと勝手に期待しています。

日本女子にもう一度「おフェロ」を問う

大和撫子の皆様、これが女性の色気ってもんじゃないですか?

尊敬する美輪明宏さまもおっしゃっていました、(中略)色気は出そうとしなくても滲み出てしまうもの、そしてそれは決して肉感的なものだけではないのだと!

彼女たちの色気は自分の仕事に精一杯うちこみ、努力や成果を認められた自信からくるもの、その過程で築いた自分のスタイルから滲みでるものなのではないでしょうか。

 

という結論に持ってきたのはいいものの、それを言ってしまったら私がAmazonで購入したコテは「おフェロ」を高めるものではなくなってしまいますね。

まあ人間、形から入ることも重要ですよ。

the naked and famousってグループ知っとる?

おすすめの曲 エレクトロ

クラシカルなロックもいいけど、電子音と融合したロックにも惹かれてしまうデジタルネイティブ世代のライター、nikiです。

 

フェンダーを歌わせるメロディアスなロックも聞きたくなるし、ギブソンをガチャガチャ掻き鳴らすグランジロックも聞きたくなるし、アコギを唸らせる渋〜いロックも聞きたくなる。

 

だけど電子音がミックスされたロックも、やっぱり体に馴染む。

 

ロックテイストのハードなエレクトロなんか聞いてると、悪魔と人間のハーフが主人公の某アクションゲームを思い出して興奮してきちゃうもんな!

 

 週の真ん中だしテンション下げたくないし、なんかいいアーティストいないかな〜と通勤電車でネットサーフィンしているときに仕入れたエレクトロロックチューンがこれ!

 

youtu.be

 

the Naked and Famousというニュージーランドのグループの新曲、Higher

爽快感があるのに、全体の音のまとまりは重厚。アップテンポではなく、つい指を鳴らしながら聞いちゃう感じの曲です。